Trunk Go!(トランク・ゴー)

『安全に楽に運ぶ』とデザインが融合
革新的安全性を誇る“シャフトドライブ”のカーゴバイク

Trunk Go!


チェーンがない、最高安全を求めて
「危険なチェーンが回転する上に大切な子供やモノを載せたくない」
自転車で『安全に楽に運ぶ』を実現する上で最大の課題はチェーン。
チェーンが回転する上に子供を載せるという事は、チェーンソーの上に子供を跨がせるようなもの。
そのリスクの根本を排除するため、“シャフトドライブ”を採用し、革新的安全性を実現しました。

『安全に楽に運ぶ』×デザイン=ユニセックスな機能美を実現
トップチューブが低く、重い荷を運んでいる咄嗟のタイミング、また女性や子供でも楽に車両を跨げる安心のスタイル。
同時に長い全長をフロントからリアに美しく繋ぐラインが描かれ、男女問わず、様々な方向性に“魅せる”ことが可能な機能美を実現しています。

『大容量な荷台』と『漕ぎやすさ』を両立・最適化されたロー&ロングフレーム
荷を運ぶにフォーカスした車両に相応しく、本車両には大容量の荷台が設けられています。
大きなモノ、重いモノも積載可能な荷台を設置する一方で、積載した際の安定性『漕ぎやすさ』も意図的に向上させています。
車両全長を長くとり、重心を低く設計することで、重い荷を積載した場合でも安定した走りが可能です。
またアルミフレームを採用し軽量に仕上げられているため、取り回しが非常に楽です。

ロングなのに“小回り”がきく小径輪
本格カーゴバイクの条件の一つに、安定性を確保するためのロング(全長の長さ)があります。同時に車両が長くなると、曲がる際に小回りが利かなくなるというデメリットが発生します。
本車両トランク・ゴーでは安定性を確保しながらも、小径輪(16インチ)を採用することで小回りもききます。
この点からも力の弱い女性や子供でも安心して運転が可能となっています。

完全オリジナルだからこその適正価格
ロー&ロング、大容量荷台を備えた本格カーゴバイクの場合、一般的に20万円以上、高額な車両では40万円を超える車両もあります。
本車両トランク・ゴーは、広く一般の方に日常的に乗っていただきたいという意図から、本格カーゴバイクのスペックを実装しながらも、完全オリジナル生産することで、シャフトドライブという革新的な仕様を採用しながらも、15万円というロープライスにおさえています。
他の本格カーゴバイクと比べれば低い価格ですが、実際に常用自転車としてご利用いただく上での適正価格と考えています。

サイクルアーティスト谷信雪によるこだわりのデザイン
シャープの総合デザイン本部にて、TV・オーディオなどの先進的なプロダクトデザイナーとして活躍。シャープ独立後、父の自転車制作・修理・販売業であるCycle Boyを受け継ぎ、日本で唯一の“街乗り自転車専門のオーダーメイドショップ”として出発。
オーダーメード自転車が高い評価を受け、サイクルアーティスト谷信雪としてアパレルメーカーと提携。
またプロダクトデザイナーとして、ABAHOUSEのアクセサリーデザイン制作も担当。
2014年には映画「魔女の宅急便」の実写版で使用された自転車のデザイン、制作を担当。
制作した自転車の美しさが認められ、OKEBA、茅ヶ崎市民ギャラリー、茅ヶ崎美術館などに展示されている。
2015年、Roomsにてアワード受賞しました。

安心安全の自転車
生産は国内の老舗自転車メーカー服部産業です。
歴史と実績ある国内メーカーにて、革新的な技術である“シャフトドライブ”を丁寧にカーゴバイクへ実装しています。

■製品概要
デザイン・企画:サイクルアーティスト谷信雪
制作:服部産業

■Specification
品名:Trunk Go!(トランク・ゴー!)
材質:フレーム/アルミ
重量(約):18kg
製品サイズ(約):1750×900×600mm
荷台地上高(約):560mm(純正キャリア下部330mm)
荷台面積(約):730×230mm
タイヤサイズ:16×2.1インチ
変速機:内装3段変速
セット内容:説明書、保証書、キャリア、ライト、スタンドetc
本体価格:¥15万(税別)
最低乗車身長(約):135cm ※あくまでも目安です
c0279662_12243545.jpg




















@服部産業株式会社

[PR]
by hattori-cycle | 2018-09-15 00:02 | サイクルボーイ
<< CampChari(キャンプチ... CampChari (キャンプ... >>